5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界の巨人

1 :音速の名無しさん:2007/01/08(月) 21:26:19 ID:GiSCyqIIO
何が?あぁ、詐偽行為と他社パクりは確にそうやなwww

2 :音速の名無しさん:2007/01/08(月) 21:29:04 ID:H8ohR9OU0
2006年F1日本グランプリ 

16万人ものファンが最後の鈴鹿と最後のシューマッハーの雄姿を見届けに世界中からやってきた。 
決勝前の昼頃、2コーナーのFスタンドで小規模なウェーブが数回発生する。 
どうやら海外から観戦にやってきたファンが主導してやってるらしい。 
やがてそれは大きなものへと成長し、スタンド全体が立ち上がっての大規模なウェーブとなった。 
そして、ついにはFスタンドから1コーナーのEスタンドまで繋がったのだ! 
現場に居た観客、オフィシャル全員の心が一つになった瞬間だった。 
ウェーブは勢いを衰えさせる事無く、まるでシューマッハーの予選アタックのような勢いで 
スタンドを駆け巡ってゆく。 

1コーナーEスタンドとメインストレート側のDスタンドの間には50mほどの隙間がある。 
自分達の心がこもった大切なウェーブがその隙間を飛び越えられるかどうか、皆が固唾を呑んで見守った。 

一瞬の静寂がサーキットを包み込む。 

次の瞬間、ストレート側Dスタンドの観客が総立ちでウェーブを受け止めてくれたのである! 
Eスタンド、Fスタンドの観客達は歓喜の嵐。 
「俺たちは鈴鹿に居るんだ!」 「俺たちはここ鈴鹿で共にF1を楽しんでいるんだ!」 
まるでそんな叫び声があちこちから聞こえてくるようだった。 
このウェーブは勢い良くこのままサーキットを一周するはず、と誰もが疑わなかった次の瞬間、 
突然ウェーブは止んだ。 
「え?」 「なぜ!?」 「そんなぁ・・・」 
悲鳴にも似た声を上げて、皆落胆を隠せずにいた。 

そのウェーブを止めたのは他でもない。トヨタ応援席だった・・・。 

3 :音速の名無しさん:2007/01/08(月) 21:33:26 ID:GiSCyqIIO
巨人を間違ってるわ。
虚人やねww
>>2
止めたと言うよか、出来へんねん、あまりに恥ずかしいからwwwwww

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)